生産者紹介

荒木龍憲
荒木龍憲

農業歴40年若い頃は、富山県でも先駆けてマスカットオブアレキサンドリアやグローコールマンなどのぶどうを栽培していましたが、軟弱野菜の周年栽培できる面白さから白な、春菊、などの

葉物野菜を作るようになりました。

栽培し始めた頃は、個人で市場に出荷しているのが、当たり前だったのですが、

富山県小松菜研究会を立ち上げて、小松菜生産者の組織を作ることにより、小松菜品質の安定、小松菜生産の安定を目指しています。

数年前からは小松菜生産者の育成にも尽力し、研修者の受け入れもしています。

富山県の農林水産の生産や加工に関する卓越した知識や技術を有し、その普及活動を積極的に行い、とやまの特産品の振興に寄与する個人として認められました。

 

優良品種の導入、栽培施設の土壌改良等にいち早く取り組み

県内の生産事例が少なかった小松菜栽培技術の確立に寄与した。

高い技術力は地域の模範となっており、新たな生産者の掘り起しや産地拡大、技術改善において中心的な役割をになっている。

エコファーマーとして土づくりや化学肥料、化学農薬の消滅を図るなど、環境に優しい農業を実践しているほか、JAいみず野野菜部会会長や富山県こまつな部会長として活躍しています。

 

 

荒木真理子
荒木真理子

ハウスでは小松菜の収穫、雑用を担当しています。

家庭菜園の担当をしていて、朝どりの野菜の美味しさを伝えたり

減農薬の野菜の安心安全に努めています。  

現在、長年栽培してきた小松菜の普及をしたくて、小松菜の加工の試作をしています。

趣味 パッチワーク 園芸 フラワーアレンジ