若き農業者たち

昨晩はここ数年で農業を一生の仕事として

それぞれの部門でがんばっている若き農業者たちが

我が家の研修室に集合しました。

それぞれが色んな壁にぶち当たりながらも、くじけることなく

進んでいる姿は本当に感動します。

 

長い間自分たちの後に続く農業者がいなくて

この先富山県の農業はどうなるのかと思っていたのですが

本当に心強いことだなあとつくづく思いました。

 

 

若い頃の苦労は買ってでもしたほうがいいと昔言われた時は

しんどい時だったのだ、

よくわからなかったけど今この年になって言えるのは

やはり苦労は買ってでもした方がいい

その苦労は決して無駄なものではないと

自分の志のために皆頑張れ~