終了しました

一か月の研修を終えて北海道から来ていた高校生が返って行きました。
ホットしたのと、寂しい気持ちが入り交ざっています。

正直二人とも将来農業をするわけでもなく、何のための研修なのか?

受け入れ側の我が家でも何のために受け入れなくてはいけないのか?

毎年のように話になります。

学校の方針がこのように研修に行くことで農業に従事してくれる子供たちが増えて欲しいと思ってのことなのか?

 

今まで研修にきた11名の高校生たち

彼女たちにとって富山で過ごした一か月間が少しでも意味のあるものになってくれたら良いなあと思うばかりです。